メディア系商品のカテゴリ成約手数料に対応しました

これまでPRIMA CLOUDでは、メディア系カテゴリで適用されるカテゴリ成約手数料に対応していませんでした。

ですが、今回のアップデートによりamazon手数料として「カテゴリ成約手数料」が考慮されるようになります。主に、メディア系のカテゴリになります。ほとんどのカテゴリでは適用されない手数料ですが、本やCD, DVDなどを取り扱うかたには非常に重要な手数料となります。

適応開始時期は、5/12~5/14になります。

上記期間内に、対象商品に対してカテゴリ成約手数料が手数料として加算されて計算されます。

現在、仕入原価に転嫁して設定されているユーザーさまは、適応開始時期までにカテゴリ成約手数料対応へと切り替えをお願いします。

以上が今回のアップデート内容となります。

また、なにかアップデートに関しまして、
わからないことがありましたら、
ご遠慮なくサポートセンターまでお問い合わせください。